異素材を組み合わせて作った、あたらしい”垣根”
最近の建物は個性的なのに、顔であるべき門塀はどれも同じようなデザインや材質(ブロック・タイル・アルミなど)であるように思われます。
今回、ある施主様と出会い、個性的な門塀を作らせていただきました。
これからも色々な素材を使った”垣根”を提案していきます。

石: ストーンウォール 2400×900×150  こぶ出し
門柱石(白ミカゲ石)  300φ×2500 ビシャン仕上げ
踏み込み石 2500×100×150 ビシャン仕上げ
敷石 200×400×70 サビ
竹: 人工竹 御簾垣
鉄: デザイン門扉 レザーによる切抜き